20代からスキンケアを心がけて美肌を手に入れよう

20代からスキンケア

20代になると社会へ進出し、メイクアップに力を入れていく女性は多いですが基礎化粧品に対して意識をしている方は実は少ないです。

確かにお洋服や遊びにお金を使いたくなるのは分かりますが、それでも使える額は限られていると思います。

そこで、お肌に対する投資をなるべく抑える事で他に使えるようにしていきましょう。

その為には20代からでも意識して頂くべきなのが、「スキンケアの正しい方法」についてです。
日頃からもしお肌に対する悩みを抱えているなら、それはもしかしたらスキンケアの方法が間違っているのかもしれません。

20代の頃にするべき皮脂対策

20代の頃に表れやすいお肌の悩みとしては、毛穴の開きやテカリなどの皮脂によるものが多いです。

20代の頃に表れるお肌の悩みというのは、生まれ持った肌質から引き起こされている事が多いので自身の肌質を理解した上での対策が必要不可欠となってくるのです。

20代という年代は自然治癒力が高いですから、例え脂性肌や乾燥肌で悩んでいたとしても肌質に適したスキンケアを行っていく事によってお肌への投資を抑える事が出来ます。

つまり、20代だからまだスキンケアに力を入れなくたって大丈夫なんでしょ?ではなく、20代だからこそ肌に適切なスキンケアをしてあげて加齢と共に修復が難しくなる年代になった時に、高価な化粧品を使わなくて済むようにしていきたいのです。

間違えてしまいがちな皮脂対策

女性の皮脂分泌のピークは、10代と30代から40代の頃と言われています。この皮脂分泌の増加と深い関わりを持っているのが、「男性ホルモン」の存在です。

女性だから男性ホルモンが分泌されないという訳ではなく、女性の体内にも男性ホルモンが分泌されています。

20代の頃にも皮脂の過剰分泌により引き起こされる様々な肌トラブルに悩まされがち。
ですが、そんな「脂性肌」で悩む方こそやってしまいがちな間違った皮脂対策があります。

それは「皮脂を必要以上に洗い流してしまう事」です。せっかく綺麗にメイクアップをしても油浮きをしてしまって、メイクを汚く見せてしまう厄介な皮脂ですがお肌を守る為に必要な存在でもあります。

脂性肌で悩んでいる女性は特に皮脂に敏感なので、洗顔時にかなり念入りに洗い流していたり洗顔後の保湿ケアに対して必要以上に行っていたりします。

使用している洗顔料によっては、洗浄力が強過ぎてお肌にとっては必要な皮脂までも洗い流してしまいます。
また、擦りすぎるのもNGですので気を付けましょう。

20代から実践したいスキンケア方法

20代の内だからこそお肌を傷付けずに出来る適切な皮脂の落とし方の正しい知識を身に付けていきたいですよね。

そこで気を付けて頂きたいのが、「洗顔方法」です。

市販されている洗顔料の中には、洗浄力が強過ぎる物もあります。「汚れを徹底除去!」などの謳い文句は確かに魅力的に見えるかもしれませんが、場合によってはお肌に必要な皮脂までも洗い流してしまう可能性があります。

お肌に必要な皮脂までも洗い流してしまった場合、お肌を外部刺激から守る為のものは何もありません。
となると、お肌を守る為に皮脂が必要になる為皮脂が必要以上に分泌されてしまいます。

そこで使用する洗顔料も洗浄力があまりに強いものは避け、お肌に優しい物を選ぶ事が大切です。

更に洗顔をする時に気を付けておきたいポイントが、「皮脂を過剰に洗い流さない」、「擦りすぎない」この2点が大切になってきます。

洗顔をする時に、お肌をゴシゴシ擦らないと汚れが落としきれないと思っていませんか?実はきちんと汚れを落すために大切なのは、「泡」なんです。

洗顔料をあらかじめしっかりと泡立てて使う事で、泡の洗浄力によりお肌に付着した汚れを洗い流す事が出来るのです。

もう1点見直して頂きたいのが、使用する洗顔料です。洗顔料は汚れを落すために欠かせませんが、だからと言って洗浄力が強ければ良いという物でもありません。

スキンケアの中でも、そこまで重要視されていないように思える「洗顔料」ですが、お顔に必要な皮脂まで洗い流してしまわないようなお肌に優しく適度な角質除去成分が含まれた洗顔料を選べばより美肌の効果が高まります。

どれだけ高い化粧品を購入しても、基礎がきちんとしていなければ美肌になるのって難しいですよね。

まずは、お肌の土台をきちんと作り上げてしまわないとせっかく美肌に効果的と言われている化粧品を買っても、効果が半減してしまうんです。

素肌でも綺麗を目指すためにもまずはスキンケアの正しい知識を身につけて、日頃のスキンケアがどうだったのか?を見直してみましょう。

実は軽視されてしまいがちな洗顔料ほど、きちんと見直してお肌に合った物に変えれば他の化粧品を加えたり、高価な化粧品を購入するよりもより低コストでスキンケアが完成します。

お肌にそこまでお金は掛けたくないけど、美肌が手に入れたいならまずはスキンケアの方法について見直してみる事が最適だと思います。