顎ニキビには保湿が大事!

顎ニキビには保湿が大事!

顎ニキビには保湿が大事な理由

顎やフェイスラインにできたニキビにつきましては保湿や皮脂ケアがとても大事になります。

子供の時にできるニキビと違いまして大人になってから出来るニキビと言うのは基本的に顔の下半分にできることが多いのです。

これは皆さまにも身に覚えがあるのではないかと思いますが、大人になってから顎やフェイスラインにかけてのいわゆるUゾーンと呼ばれる部分にニキビができてしまうと言うことが多いと思います。

また顎ニキビが発生する場合につきましては肌の乾燥や大人ならではのストレス、そしてホルモンバランスが乱れることが基本的な原因になることが多いのですが、さらに顔の下半分といいますのは、肌の乾燥の影響が特に出やすい部分にもなり、同じく男性ホルモンの感受性が高く、毛穴の詰まりが起きやすい部分でもあるのです。

ですので顎ニキビができる前から保湿をメインとする肌のケアをすることが大切になりますし、またできてしまった後にもきちんと保湿ケアを行わないと、繰り返し顎ニキビができてしまいますし、更にこれを何度も繰り返してしまうと色素沈着がでてしまいますので最終的にはただのスキンケアだけでは手に負えない状態になってしまう場合もあるのです。

ですのでこのようにならないためにも顎やフェイスラインにできるニキビについてのメカニズムを把握し、どのようなスキンケアを行うべきなのかの対策を考えて行かなければなりません。

顎ニキビのできる頻度について

大人になってからできるニキビについて成長期の時とは違ってある時期に常に顎にニキビがあるかと言うとそうではありません。

ではどのような頻度でできるのかと言いますと、主には女性の方ですと整理の前やメンタルを含む生活習慣が乱れてしまった時にできるケースが多いのです。

また生理の周期とは別に常に顎やフェイスラインにニキビがあると言う方たちの場合には別の理由が考えられますので、次項から説明をさせていただきます。

顎ニキビの原因は汗の影響が大きいのか?

一般的にTゾーンと言われるおでこや鼻筋の部分に皮脂が多いのは皮脂腺の量が多いためですので、普段のスキンケアで感じることができると思うのですが、実は顎やフェイスラインと言うのは実はTゾーン以上に皮脂の分泌量が多い部位となるのです。

ですのでちゃんとしたスキンケアを行わないと顔面の中でも特にニキビができやすい部位となるのです。

また何故普段Tゾーンに比べて顎への意識が薄いのかと言いますと、額や鼻筋と比較をすると顎は皮脂でベタベタすると言う感覚はないためなのです。

これは顎のラインには汗が分泌する汗腺が他の部位よりも少ないので、ニキビの原因は皮脂よりも汗が原因の影響の方が大きいと言えるのです。

ですのでついベタつきが少ないので、顎の周りの洗顔やスキンケアを怠ってしまうとどんどんニキビができてしまうのです。

顎ニキビ 男性ホルモンの影響が原因となる場合

顔面の中でも顎の部分と言うのは男性ホルモンの影響をとても受けやすい部位となるのです。
その証拠に顎から耳にかけてのフェイスラインには他の部位と比べてもヒゲが生えやすくなっているはずです。

これはストレスを感じるとホルモンバランスが乱れて男性ホルモンであるアンドロゲンの感受性が高まると顎の皮脂の分泌が促されてしまい、角質層に異常が起きて毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。

ただ男性の場合には濃くヒゲが生えるので、毛穴が開いておりヒゲが伸びるので毛穴の中の角質や皮脂が押し出されるので、まだ詰まりが取れやすいのですが、女性の場合には男性ほど毛穴が開いておりませんので皮脂が詰まりやすくニキビが発生しやすくなってしまうので入念に洗顔やスキンケアが必要になってくるのです。

ですので洗顔をした後には肌から水分が失われますので毛穴を綺麗にして、保湿をすることで顎ニキビができにくい肌環境を作り出すことができるのです。