ニキビ跡が残る原因と色素沈着

そもそもニキビ跡がなぜできるのでしょうか。

ニキビ跡が残る原因は、3つ考えられます。

ニキビ跡の色素沈着とは

独自の処方によって、そのニキビ跡を目立たなくしてくれるのですが、ニキビ跡ってどうなってるのか気になりますよね。

色素沈着という言葉をきっと聞いたことがあると思いますが、ニキビ跡の色素沈着は、お肌の奥にとどまってしまった状態なのです。

ニキビは治って炎症もおさまっているけれど、茶色や紫っぽい跡だけがどうしても長引いてしまう。
それは、全て色素沈着なのです。

お肌は28日というサイクルで生まれ変わるということを、耳にしたことはありませんか。
いわゆる、ターンオーバーというものですね。

色素沈着は、お肌にとどまっているとはいえ、お肌が徐々に生まれ変わっていくため、必ず少しずつ薄くなっていきます。
しかし、間違ったニキビケアや洗顔方法、乾燥、によって、バランスを崩したお肌は、ターンオーバーのバランスも崩れがち。

サイクルが乱れているので、生まれ変わりに滞りが起き、色素沈着が全然改善されないという悪循環になってしまいます。

時間をかければ次第に薄くはなっていくけれど、正しくケアをしないと、ニキビ跡はずっととどまってしまいます。

ベルブランでお肌を健やかな状態にして、ニキビ跡とおさらばしましょう。

ベルブランはニキビ跡専用美容液

ベルブラン詳しくはこちら

ベルブランの口コミはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です