ニキビ跡の種類と赤ニキビが治らない理由

ニキビ跡の種類

ニキビ跡と一言で言っても、種類があるのを知っていますか?

まずよくみられるのが、紫色をしたニキビ跡です。
赤くなっていたニキビ跡が、だんだんと紫色っぽくなっていったという経験はありませんか?なかには、赤黒くなることもありますね。

これは、お肌の中でニキビの炎症が続いているからです。肌の中の細胞や血管が、ニキビの炎症によって壊されることで、毛細血管から血が出て内出血のような状態になっています。

他には、茶色になるニキビ跡もあります。
これは、最初から茶色になるのではなく、紫色や赤黒いニキビ跡であったものが、徐々に茶色になるものです。

茶色のニキビ跡ができる原因は、紫外線による影響だと言われています。

紫色のニキビ跡が紫外線を浴びると、皮膚を守ろうとしてお肌がメラニンを生成します。

そのメラニンがお肌に残ったものが、茶色のニキビ跡として残ってしまうのです。

ニキビ跡の種類

こうしたニキビ跡にも、メラニン生成を抑制するベルブランが効果を発揮してくれます。

赤ニキビが治らない理由

ニキビで悩んでいる人の多くが、赤ニキビがなかなか治らないことを気にしています。

赤ニキビって痛いですよね。これは、毛穴の中でニキビの炎症が起きているからです。
そして赤ニキビが治らない理由としてよくあるのが、膿を出そうとしてさわったり、つい潰してしまうこと。やったことある、という人も多いのではないでしょうか。

潰しても、更に炎症はひどくなってしまうので気を付けましょう。

また、洗顔を何度もしてしまうのもNGです。清潔を保てば治りが早まりそうと思いますよね。
でも、先ほども述べたとおり、皮脂バランスが崩れてしまうと治りも遅くなります。
また、赤みが恥ずかしくて、メイクで隠そうとしてファンデーションを厚塗りするのも、赤ニキビの治りを遅らせます。

ファンデーションの厚塗りは、毛穴の呼吸を妨げてしまいます。

そして、過敏になっている毛穴にファンデーションが入ることは、ニキビにとって大敵です。

赤ニキビが気になっても、消そうとしたり隠すのではなく、一日でも早く正しいニキビケアをすることが大切です。

ベルブランで、ニキビの悩みと無縁のお肌を手に入れたいですね。

ベルブランの正しいニキビケア

ベルブラン購入はこちら

ベルブランの口コミはこちら