加齢臭って女性にもあるの?

実は女性にも加齢臭は発生するのです

女性も加齢臭

女性の加齢臭は、50~60歳くらいの閉経後に発生すること多いと言われています。

加齢臭の原因は、ノネナールという体臭成分が発生することがニオイ原因です。
青臭さと脂臭さをもつ脂肪酸のこの成分は、加齢とともに分泌が増加します。

さらに皮脂中に過酸化脂質の量が増加することで、加齢臭が起こりやすくなるのです。

閉経前は酸化に強い女性ホルモンによって身体は守られています。
しかし、閉経後は女性ホルモンの分泌が減少するので、加齢臭が発生する条件は男性とまったく同じになるのです。

若々しい女性は、女性ホルモンのおかげていくつになっても加齢臭が起こることは無いのかもしれません。

女性は男性よりも、加齢臭が発生しやすいのが10年ほど離れているのは、女性ホルモンと関係しているからでしょう。

年を重ねることは誰にも止めることはできませんが、加齢臭を予防したり対策をすることはできます。

加齢臭チェック

加齢臭3つのポイント!

この3つのどれかに該当しているあなたは加齢臭の確率が高いです。

加齢臭=40代過ぎの男性をイメージしますがこれは間違いです。

実は若い男性でも女性でも加齢臭を撒き散らしています。

もちろん年齢を重ねることで、皮脂の分泌量が多くなるため男女問わず40代からは要注意です。

でも今すぐ対策をすることで予防と防止は、できます。

女性頭皮用に開発されたクリアハーブミスト

私も加齢臭なの?

他の人のニオイには敏感ですが、意外と気づきにくいのが自分のニオイです。

「もしかして私も匂っている?」と思ったら、加齢臭かどうかを自分でチェックしましょう。

まず、年齢です。
これは誰もが年を重ねる上で、避けては通れない問題です。

男女とも40歳前後なら加齢臭があると思った方が良いでしょう。

40歳代から酸化を抑制する力が減少し、加齢臭の原因である過酸化脂質の分泌が増えるためです。
また、生活習慣も大事な原因のひとつでしょう。

アルコールをよく飲む人、たばこを吸う人や脂っこい料理が好きな人、運動不足な人、ストレス、生活が不規則、などに当てはまる人は要注意です。

これらの人は、さらに高血圧や糖尿病などの生活習慣病を招きやすいのが特徴です。

今すぐ早めの改善が必要でしょう。

自分の体臭というのはなかなか気づかないものです。
しかし、体臭は思わぬ病気のサインである可能性もあります。

例として、糖尿病を患っている人は甘い体臭がする、と言います。

肝臓や腎臓が機能低下すると、汗がアンモニア臭くなると言います。

パーキンソン病や脂肪肝といった病でも体臭がきつく感じられるそうです。

体臭は、身体が発する危険信号かもしれませんので見逃さないように注意しましょう。

加齢臭を改善 普段の生活から

添加物の多い加工食品、スナック菓子、加工した揚げ物などは、活性酸素の発生を促す食品です。

緑黄色野菜やベータカロチン、ビタミンCなど抗酸化物質を積極的に取り入れましょう。

過食や偏食、アルコールやたばこ、ストレスも最大の原因になります。
また、お風呂で洗い方やお風呂後のケアなど身体を清潔に保つことも簡単に加齢臭を防げる効果的な方法です。

頭皮の加齢臭は専用のケアが必要です。

外出中にニオイが気になった時もシュッとひと吹きでOK!
気になる部分へ抑臭スプレーとしてもお使いいただけます。

頭皮のニオイにクリアハーブミスト

クリアハーブミストの購入はこちら

クリアハーブミスト口コミまとめ