脇をきれいにする生活習慣と女性ホルモンの関係

脇をきれいにする生活習慣と女性ホルモンの関係

脇の黒ずみと生活習慣

脇が黒ずんでいる原因の1つに、ターンオーバーが正常に働かない状態が挙げられます。
ターンオーバーとは、肌の再生機能で、肌の皮膚細胞を新しく作り替えていく、肌の新陳代謝のことです。

一般の成人の平均は、28日周期で、真皮層が作り変わり不要になった細胞が上に行き、最後に表皮からアカとなって剥がれ落ちてしまうのです。
しかし生活習慣の悪化や肥満、年齢を重ねるなどの様々な要因で肌の再生機能が壊れてしまいます。

脇の黒ずみが消えない原因は、ターンオーバーの乱れや新陳代謝の低下などです。

新陳代謝が低下する原因は、ストレス・疲労・肥満など生活習慣のなどで低下してしまいます。

ターンオーバーの周期が極端におそくなったりすることで脇の黒い部分がいつまでも残ってしまう状態になります。

新陳代謝の低下でターンオーバーの乱れる原因は、様々な問題や個人差で違いがあります。

ターンオーバーの周期の乱れは、遅すぎても早すぎても肌トラブルの原因となります。
ターンオーバーが乱れることでメラニンへの影響が、関係します。

新陳代謝が悪いことでメラニンが排出されにくくなり、ストレスや疲れ、身体の変化などでホルモンのバランスが乱れてメラニンが増える。

肌にとってターンオーバーの正常な働きは、とても大事です。
脇の肌を長く綺麗に保つ秘訣は、生活習慣を大切にすることや摩擦や刺激を減らすことです。

ターンオーバーの正常な周期を維持することは、美しい脇の肌づくりの第一歩なんです。

肌のトラブルは、年齢を重ねるごとに治りが遅くなります。
できることから始めてみては、いかがですか。

脇をきれいにする女性ホルモン

脇の黒くなる原因に、女性特有の生理が関係している場合があります。

生理前後には女性ホルモンのバランスが乱れ、肌の状態が悪くなりやすい時期です。

女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあります。

卵胞ホルモンは、卵巣から分泌され、コラーゲンを生成するのに必要なホルモンです。
黄体ホルモンは、脳下垂体から分泌され、皮脂の分泌を促進します。

卵胞ホルモンが多く発生するのは排卵前の時期で、この時期にはお肌の調子がとても良くなります。
その後排卵をすぎた頃から黄体ホルモンが発生し、肌トラブルになりやすくなります。

生理前後に、生活習慣を正したり、スキンケアを徹底することで肌が荒れそうな時期を軽減させることができます。
自分の生理周期を把握することが大切です。

卵胞ホルモンに似た働きを持つと言われているイソフラボンを食事に摂るのも良いでしょう。
大豆、納豆、油揚げ、豆腐などイソフラボンが含まれています。