加齢臭対策は生活習慣と食事を見直すことから

加齢臭対策は生活習慣と食事を見直す

加齢臭対策に生活環境の改善

加齢臭は年齢とともに起こる率が高くなりますが、だからといってそのまま諦めてしまっていませんか?
加齢臭は対策や予防することよって軽減できるのです。

加齢臭?あなたが撒き散らしているかも

満員電車に乗っていた女性が電車から降りた直後に、「加齢臭キツかった・・・」と聞いたことありますか?
もしかして自分のこと!?と不安になります。

自分が臭うなんてことは今まで想像や意識したことは、まったくありませんし、もちろん言われたこともありません。
そしてその事実を知った時には衝撃的で落ち込みました。

自分でも加齢臭はワキガと同等に臭いということはわかっています。
夜の電車に乗っている年配の男の人からとても臭い体臭が鼻をつまみます。

そんなニオイを自分も撒き散らしているなんてとても信じられません。

加齢臭を防止する生活習慣

加齢臭の予防は、まず生活習慣の見直しから始めましょう。

過度のアルコールや喫煙、ストレスは加齢臭の大きな原因の一つです。
なぜなら過度のアルコール、喫煙、ストレスで、体内の活性酸素の発生を増加させます。

活性酸素とは、酸素が体内に入りエネルギーを生み出す過程で作られるものです。
活性酸素は身体の中の不飽和脂肪酸と結びつき、過酸化脂質を作ります。

これが老化や動脈硬化などに深く関係しているということが分かってきました。
しかし、殺菌・薬物の解毒やホルモンの合成といった働きもあるので、全く必要でないわけではありません。

活性酸素は過度の運動や栄養によって引き起こされるのです。

多すぎる活性酸素は加齢臭だけでなく、生活習慣病を招く原因にもなりかねないです。

食生活の改善で加齢臭を予防することができます。
肉を食べることが多くなった時には、和食中心の食事に変えることで改善されます。
大豆や豆類、ひじきや切干大根など食物繊維の豊富な食材を摂取しましょう。

食物繊維によって毎日規則正しいお通じがあれば、体内をきれいに保つことができます。

加齢臭と同様に口臭や便臭を抑えることも期待できます。

加齢臭対策は食生活も改善する

加齢臭は年齢に伴って出てくる症状ですが、毎日のちょっとした注意で予防することは可能なのです。

年齢のせいだと諦めてしまう前に、症状を改善するため今日から始めてみませんか?

加齢臭は食事を見直すことで、大きく予防と防止することができます。

加齢臭の原因はノネナールという成分です。
この成分に対抗できる成分は、抗酸化作用のあるものです。

ビタミンCやEが代表的で、最も強い抗酸化作用があるので活性酸素を抑制する働きが期待できます。
ポリフェノールやベータカロチン、カテキン、イソフラボン、セサミノールも抗酸化作用の働きがある成分です。

加齢臭は、食の欧米化に伴って肉をよく食べるようになってから深刻化しました。

動物性の油には過酸化脂質が多く含まれます。

一方、今まで日本人が口にしてきた和食には、味噌や豆腐といったイソフラボンを多く含む大豆製品が使われています。
また、日本独自の梅干し、わさびや生姜などの薬味にも体臭を減らす効果があるとされています。

薬味は胃液の分泌を高めて血液を浄化する働きがあるので、体臭を減らす効果があります。

和食は抗酸化作用のある食品がたくさん使用されるので、加齢臭を改善するには積極的に取り入れたいものです。

皮脂の分泌を促進させる食品には要注意です。
チョコレートやバター、チーズ、豚肉などは避けて、野菜や果物中心の食生活を心がけましょう。

生活習慣病も加齢臭も、食生活の改善で予防できます。

毎日の生活習慣や食事を見直し、改善していくことで身体の内側からきれいにしていきましょう。
生活を少し見直すだけでも加齢臭は予防できますので諦めないでがんばりましょう。