子育てで一番大切なことは何だろう?

子供に愛情を持って

子育てのやり方は、人によって違います。
やり方は違いますが、みなさん「子供に愛情を持って」子育てをしています。
子育ての根本は同じなのです。

私たちも一人一人性格や感じ方が違うように、子供も同じ子なんて一人としていません。
小さい頃から手のかかる子もいれば、まったく手がかからなかった!という子もいます。

では、そんな子育てで「一番大切なこと」とは、一体何だと思いますか?

一番大切なのは子育てを楽しむこと

子供のしつけや親としての責任に追われて、「子育てを楽しむ」ことを忘れていませんか?
心に余裕がなくなると、子育ては「つらい」ものになってしまいます。

もちろんしつけや親としての責任というのはとても大事なことです。
疎かにしてはいけません。

子育てを楽しむこと

しかし、ママが頑張りすぎると親子とも楽しいとはかけ離れた生活になってしまいます。
ママも怒ってばかりいたくないのに。

子供のためを思って怒るのに、全然伝わらない、なんで!と更に怒りたくなってしまいますよね。
子育てをストレスに感じてほしくありません。

子育ては楽しいものです。

自分がママになって初めて、親の苦労や親の愛情が分かったという人も少なくないのではないでしょうか。

大きくならなければ、同じ立場にならなければ分からないことというのももちろんあります。
でも、今を楽しんでほしいんです。

子育てで一番大切なこと、そして難しいことは楽しむことなんじゃないかな、と私は思っています。

子供目線になってみよう

子育てを楽しむための方法の一つに、子供目線になるというのがあります。
自分が嫌なことは、子供だって嫌なのです。

こう考えてみると、たとえば「これはダメ!」「早く宿題しなさい!」と言われるのと、「これは危ないからやめよう」「宿題できる?」と言われるの、どちらが素直に行動できそうですか?

おそらく後者の言い方ならば、素直に動けるという人も多いと思います。

「早く宿題やりなさい」と言われたら、思わず「これからやろうと思ってたんだよ!」なんて反抗したくなっちゃいますよね。
同じ意味合いでも、言葉や言い方次第で相手の受け取り方は随分変わってくるものです。

自分の感情で「怒る」のではなく、子供は「叱って」あげましょう。
なんでそれはダメなのか、をきちんと説明すれば、子供はちゃんと分かってくれますよ。

子供目線になってみよう

ただ、ママにだって人間ですから、頭で分かっていてもできないこともありますよね。
イライラしたり疲れているときなんかは、特に頭ごなしに怒ってしまうものです。

「あ、なんかヤバイな」「ちょっとストレス溜まってる」なんて思うときには、自分なりのリフレッシュ方法で息抜きしましょう。
甘いものを食べたり、思いきって体を動かすこともいいと思います。

子育てを楽しむためには、「頑張りすぎない」ことが大切なのです。

ママが楽しく子育てをしていれば、その「楽しい」という気持ちは必ず子供にも伝わります。

ママがイライラしているときほど子供は泣きます。
そしてママが楽しいときには一緒に笑うのです。

子育てで悩んだりイライラしたりする人は、愛情を持って子育てをしている人なのだと思います。