子育てと仕事を頑張るママさんへ

今は、子育てと仕事を両立しているママが増えています。
昔は母親が家にいる、いわゆる専業主婦が当たり前でした。
しかし今はそんなことはありません。

働くママというのは増えています。
仕事と子育ての両方を行っていると、時折「子供とたっぷりコミュニケーションが取れる専業主婦のママが羨ましい」と思うこともあるかもしれません。確かに、働くママの悩みの多くは、子供とのコミュニケーションの時間が少ないというものです。

子育てと仕事を両立しているママ

子育ては、時間ではなくコミュニケーション

働くママが「仕事を辞めたい」と思うきっかけとなるのが、子供とのコミュニケーションの時間があまり取れないというものです。
朝起きてバタバタと出掛ける準備をし、子供を保育園へ送っていく。

そして自分は仕事へ行き、定時で上がって子供を迎えに行く。
その足で夕飯の食材を買いに行き、帰宅すれば急いでご飯を作る。

子供にご飯を食べさせ、片付けをしてお風呂に入れて子供を寝かしつける…ここまでは毎日のスケジュールではあるものの、いつもバタバタですよね。
毎日お疲れさまです。

子育ては質の高いコミュニケーション

コミュニケーションで大切なのは、時間ではありません。
もちろん専業主婦のママと比べれば、仕事をしている以上子供と触れあえる時間は限られています。

昔の考えを持つ人には、「そんなに小さな頃から保育園に預けられるなんて、子供がかわいそう」と言われることもありますよね。
全然かわいそうなんてことはありません。子育てに自信を持ってください。

コミュニケーションをとる時間にこだわらず、「いかに質の高いコミュニケーションを取るか」を意識してみてください。
お風呂でぎゅーっと抱き締めたり、それだけでもいいんです。

仕事にも子育てにも、自信を持っていれば、子供は、「働くママかっこいい!」と思うものですよ。

>時にはサボって優先順位をつけて

子育てと仕事の両方を完璧にできる人なんていません。
みんなどこかでサボっているものです。

完璧を求めると両立するのが難しくなってきますから、優先順位をつけてみましょう。

子育てには優先順位をつけて

たとえば、自分じゃなくてもできることは夫にお願いするのも一つの方法です。
夕食の後片付けを夫に頼めば、その間は子供と触れあうことができますしね。

ママが仕事をしながら子育てもするには、「夫の協力」というのは必須なのです。

たまには洗濯をサボってもいいじゃない?
掃除機かけなくてもいいじゃない?

夕飯宅配だっていいじゃない?
優先するべきなのは、家事ではありません。

もちろん仕事でもありません。

「ママと子供の心」なんです。
一日一回でも子供の笑顔が見れたら、それだけでママは頑張れちゃうんですよね。
頑張りすぎず、適度にサボっていきましょう。

子育ては24時間ずっと側にいることが愛情の深さ?!

私は今年24才と19才になる娘を育ててきました。
自営ならではの事柄かもしれませんが、皆さんにお伝え出来ることがいくつかあります。

子供との適度な距離は必要です
自営の為、乳幼児から保育園に預けていました。

小さいのに親から離れて可哀想に、せめて5才までは母親が手元で育てるべき、と言われたりもしました。
でも24時間ずっと側にいることが愛情の深さとは思いません。

ママも息抜きが必要ですし、私も24時間ひとりで子育てをしていたら疲れてしまい、子供にあたっていたかもしれません。
一緒にいる時間を精一杯、大切に、密に、過ごしていれば子供は愛情不足にはならないと思います。

私の場合、家族ぐるみで旅行に行ったり、季節の行事を催したり、働く親たちも工夫をして、子供たちと過ごす時間をつくってきました。
こうして育ってきた子供たちは今、しっかりと成人しています。

娘は小学校

娘は小学校に入る時、お受験をしました。
受験準備はほとんどせず、普段のままで試験を受けました。

日常生活でしていることがテストされました。
ハサミを使ったり、洋服をたたんだり、靴紐を結んだり、持ってきたお弁当を自分で開けて、お箸できちんと食べる等々。

他のお子さんに比べてしっかり自立出来ていたと聞きました。
よく言う「しっかりしているね」です。

これは私の娘に限ったことではなく、小さな時に親から離れ、集団生活をしていたおかげだと思います。
信頼出来る保育園や知人、友人、親等、少し子育てを任せてみてはどうでしょうか。

お仕事をされていない専業ママでも、ママ友を上手に作り、皆で広く子育てをしていけるように、チャレンジしてみて下さい。

寂しい思いをさせたら抱きしめましょう

保育園にお迎えに行った時は、思いきり抱きしめていました。
親の愛を肌で感じてほしいのです。

あたたかいぬくもりは、子供にとっては何よりもの宝物です。
逆に自分が疲れて大変な時にも抱きしめてみて下さい。

あたたかいぬくもりは、子供にとっては何よりもの宝物

心が穏やかで安らぐはずです。
どうぞ皆さんも実践して下さい。難しいことはありません。

ぎゅ、っと抱きしめてみて、お子さんのあたたかみを感じて下さい。
そしてたくさんの成長記録を残してあげて下さい。

赤ちゃんの頃は可愛くて仕方なく、大きくなるにつれ生意気になってきます。
そしてドンドン逞しくなっていきます。
親としては、この成長が何より嬉しいものです。

そしてしっかり親離れ、子離れが出来るよう、子供の頃から距離をもっておくのです。
ここで初めて自分の子育ての結果が出るのではないでしょうか。
(M.Y 50代)