訪問着の処分!見る度に母の思い出が蘇る

訪問着の処分

他界した母の着物がたくさんありどうしようかと思いました。
訪問着を見る度に思い出が蘇って、処分しようと考えても中々踏ん切りがつかず時間が経ってしまいました。
でも今回は、タンスの中で眠っている訪問着の処分をすることに決めました。

訪問着に母との思い出が

母が亡くなった時、私は、父に着物などは、「そのまま取っておいてね。」と言い父にお願いしていました。

着物といっても持っているものを全て自分自身が着るということは、最近はあまり無いと思います。

今もこれからも全然着ないという着物があれば、そのまま収納しているよりも買い取ってもらい処分するほうがずっといいです。

着物は、昔の物だから価値があるか?

私は、全く着物に詳しくなかったので昔の着物は、お値段にならないと思っていました。

むしろ必要とされる方に手にして頂けるのであれば、母も訪問着もうれしいのではと思っていました。
昔の訪問着でしたが、名のある作家さんの物と聞いて驚いてしまいました。
想像以上のお値段で引き取ってもらえて良かったです。

もしそのままゴミで処分しようと思っているならもったいないですよ。
訪問着の価値というのは、素人では全然わかりません。

品物の良さや素材、刺繍、染め、お手入れ方法など訪問着を良い保管方法でしまっていたのであれば、想像以上のお値段になるかもしれません。

訪問着などは一般のリサイクルショップなどでは価値をきちんと判断できないので価値をきちんと判断してくれる訪問着買取専門業者が一番良いです。
お金が掛かることは無いので少し手間でも専門業者に見てもらいましょう。