加齢臭対策の香水は使い方を間違えると悪臭!?

加齢臭対策の香水は使い方を間違えると悪臭!?

加齢臭対策の香水は要注意

加齢臭が気になるけど、どうやって消臭すればいいのか分からないと言う方が多くいます。

最近では、加齢臭対策として様々な消臭グッズが販売されています。
しかし加齢臭は簡単には消臭できないのです。

まず最初に行うべきは、ニオイの元を取り除く為に、外側からケアをしてみましょう。

香水を加齢臭対策に使用するのはなかなか難しいです。

体臭と香りがうまく合わさって「いい香り」になると良いのですが、そうでないと体臭よりもきつい悪臭に変わります。

香水を加齢臭対策に使用する人もいますが、体臭と香りがうまく合えば良いのですが、時にはきつい悪臭に変わります。

香水は様々な香りがあります。
妖艶な香り、甘いお菓子のような香り、さわやかなせっけんのような香りなど、人の好みもまた様々です。

加齢臭が気になるので香水を使っている、という人は実はたくさんいます。
でも香水は一つの香りを持続することはありませんのでいずれ香りは混ざり合い、また別の香りに変化します。

香水には消臭効果はありませんし、加齢臭をごまかしても香水効果は一時的なものです。
香水をつける場所によって逆にひどいニオイに変わってしまう場合もあります。

汗をよくかく脇や背中などは、香水の香りと体臭、加齢臭が重なっていい香りどころか悪臭になってしまいます。
また、加齢臭を気にして香水を使いすぎてしまうのも問題です。

周囲の人にニオイがきついと感じさせて、良い香りも臭いに変わってしまいます。

香水は、すれ違った時に、ほんのかすかにふわっと香るぐらいが良い香りです。

香水の付け方の注意点は、上に向けて一度香水をスプレーして、その下に立つことで、身体全体にまんべんなく薄く香水の香りを乗せることができます。
しかし加齢臭は、根本である内側のケアが最も大切です。

香水は一時的には良いのですが、加齢臭の根本をなくすものではありません。
香水は香りで一時的に誤魔化すだけです。

香水を使う場合は、まず体臭を消臭グッズで消してから香りをのせましょう。

加齢臭対策でガムや石鹸の消臭効果

一時期流行したガムは、噛むだけで消臭効果があると大変話題になりました。

噛んで1~2時間後に身体からほのかにいい香りがするというものです。
この体の中から香る香水のガムは、科学的にも立証されているので試す価値はありそうです。

身体を洗う石鹸も注目されています。

加齢臭のもとになる毛穴に詰まった過酸化脂質は、普通の石鹸では洗い落とすことができません。
しかし、加齢臭対策の石鹸は多種多様でいろいろな成分が配合されており、落としきれなかったニオイまで洗い流すことができるそうです。

毎日清潔を保つことで、ニオイの元を少しでも断ち切ることは効果的な予防法です。

自分に合った方法を見つけて加齢臭を少しでも改善していきたいものです。