加齢臭対策 頭皮のニオイはシャンプーで消える?

加齢臭対策 頭皮のニオイ

加齢臭の頭皮のニオイが消えない

しかし中にはシャンプーしても頭皮のニオイが消えてくれなくて、洗ったのに臭いと感じてしまう人がいらっしゃいます。

なぜニオイが消えてくれないのかが疑問になりますし、どうしたら良いのかが疑問になります。

ではなぜ洗っても頭皮のニオイが消えてくれないのでしょうか。
頭皮が臭いと感じてしまう原因となるのが皮脂です。

皮脂分泌は誰でもしているのですが、しかしシャンプーで洗ったとしても全て洗い落とせるわけではありません。
皮脂が多く残れば残るほど臭いと感じてしまいます。

なぜ臭いと感じてしまうほどに皮脂が残ってしまうのかというと、それは皮脂分泌が通常よりも多いからです。
皮脂は頭皮を守るための役割を持っているため、誰でも皮脂分泌するようになっています。

しかし通常は必要としている分しか分泌されないのですが、何かしらの問題があると分泌量が多くなります。

分泌量が多くなる原因としているのが、食生活の乱れやストレスそして刺激です。
食生活の乱れそしてストレスは、皮脂分泌のコントロールを乱してしまいます。

刺激は、コントロールは通常通りで来ているけれども、刺激から頭皮を守るためにいつもより多く分泌するようになります。

加齢臭対策 頭皮の皮脂分泌が多い

皮脂分泌が多くなったとしても今まで以上綺麗にすればよいのではと感じてしまうけれども、それはNGの行為です。
いつも以上にキレイにしようとした場合、長く洗うようにしてしまうのですがそれが刺激となります。

ゴシゴシと洗う方法も刺激を与えてしまいますし、長時間洗っているだけでも今まで以上刺激が多くなります。
シャンプーは優しい洗い方そして適度の時間で洗うことが大事で、必要以上にしてしまうのはよくありません。

適度に洗うことが大事になるので、皮脂分泌が多くなれば必要以上の皮脂が残りニオイが消えてくれません。

ニオイをなくすためにも必要としているのが皮脂分泌を抑えることです。

皮脂分泌の量を抑えるために必要なのが、食生活の乱れを改善するそしてストレスを溜めないようにすることです。
髪の毛にも必要としている栄養があります。

薄毛にならないためにも栄養管理していけばニオイも消え、薄毛の対策ができます。

ストレス解消は自分なりの方法も良いですし、規則正しい睡眠がおすすめです。
規則正しく睡眠をすると、ストレス解消を自然としてくれます。

また成長ホルモンの分泌量を多くしてストレスに強い体にもしてくれます。

ニオイを消すそして薄毛の対策のためにも、生活習慣の改善をしてみてはいかがでしょうか。